川根茶産地で人との縁、お茶との縁をつなぐ

うんのうえん

まるで箱庭?どこか懐かしさを感じるムラ
飾らない農家の素朴なおもてなしを

海野農園のおもてなし

大井川上流に注ぐ寸又川に生きづく箱庭のような池ノ谷集落では、お茶と人が優しくもてなしてくれます。
お隣の閑蔵集落と合わせても全7戸の小さな集落ですが、「ふじのくに美しく品格のある邑」にも選ばれたこの地で
茶縁喫茶を開縁しているのが海野農園の海野善久さんです。
集落の大部分を茶畑が占め、新茶時期は集落全体がまばゆいほどのもえぎ色に染まります。
桃源郷に足を踏み入れたかのような感覚に陥り、しばし時の流れを忘れそうになるほどです。
「ここが都会の人たちのオアシスのような存在になれば・・・」と海野さん。
徒歩3分の距離には池の谷ファミリーキャンプ場があり、様々な人たちがこの地を訪れます。
キャンプ場の管理運営もしている海野さんは、夏にはキャンプ場のお客さんに冷茶をふるまうこともあるんだとか。
「特別なことは何もできないよ」と言いますが、お茶もお茶請けにも人柄が表れていて、
その飾らない素朴なおもてなしで十分心が満たされます。

園主•海野善久さん。お茶づくりの持論,
人とのつながり、池ノ谷集落のこと…と
にかく話は尽きないです。

美しく品格のある邑・池ノ
谷へようこそ!うちは特別
なお茶はお出しできません
が、来ていただいた方に精
一杯のおもてなしをさせて
いただきます。

「ふじのくに美しく品格のある邑」にも
選ばれた池ノ谷集落(全4戸)。その中
に海野農園があります。

集落の真ん中に位置する海野さんのお
宅。少し高台になっています。

農家ならではのお茶請けが嬉しい。こ
の日は自家製の干し柿をいただきまし
た。

奥さんも加わり、縁側でさらに話が弾
みます。笑いが絶えません。

5月の新茶シーズンには、繁忙期にもか
からわずお茶摘み体験もさせてもらえ
ます。

5月、家の周りの畑では奥さんと息子さ
んがお茶刈りをしていました。

海野さんらが共同管理する池の谷ファミ
リーキャンプ場。森林に囲まれ、寸又川
が隣接しているため、避暑地として人気
です。

海野農園

  • 園主:海野善久
  • 住所:静岡県榛原郡川根本町千頭527
  • 電話・ファクス:0547-59-2729

道に迷った、わからない場合は遠慮なくお電話ください。

  • 所要時間:国一バイパス向谷ICより車で約75分   ※ナビで入力する場合は「池の谷ファミリーキャンプ場」を入力してください。
  • 最寄駅:大井川鐵道・千頭より車で約15分

大井川鐵道・千頭駅を基点にした場合

大井川鐵道・千頭駅舎を背にして、
北へ向かいます。

千頭大橋西交差点をそのまま直進
します。

両国橋を渡ってそのまま150mほど進むと、分岐があります。そこを左に入
ります。「池の谷キャンプ場 左へ」と書かれた看板が目印です。

左へ入ってすぐの分岐をまた左折
します。そこから400mほど直進
すると三叉路に当たるので、そこ
を左に曲がります。

道なりに進むと左手に「池の谷キャンプ場」の看板が見えるので、その先
を左折して橋を渡ります。


橋を渡り切ったら右折します。そ
のままずっと道なりに進んでくだ
さい。

2㎞ほど進んだら、「池の谷キャン
プ場」の水色のノボリが見えます。
右に入って、坂を降りて行ってくだ
さい。

坂を降りきったら池の谷集落です。
キャンプ場へは左折ですが、海野
農園へは直進してください。

200mほど進むと分岐があり、右側の登り道を上がったところが海野さんの
お宅です。
※茶縁喫茶開縁時は入口にノボリが立っています。